春明 力さん
プロフィール
性別:男
年齢:38
自己紹介
マインドプラス 代表取締役
春明 力 (はるあけ ちから)

経営者・講師・作家。
参加者数は5000人を超える。初の著書『手帳の魔力』、2冊目『話すことが怖い。でも一人にはなりたくないんだ』共に、発売から2週間で増刷。DOMANI、日本経済新聞、フジサンケイビジネスアイ等、取材・掲載。
顧客には、仕事経験0から、テレビや雑誌で活躍するようになった人。集客人数0から、2か月待ちの人気店をつくった人。主婦から作家になった人。など、0から成功した人が多数いる。

春明力のメルマガー優しい起業家が「楽しく働く」ために

「大丈夫じゃん」「私、イケるな」って気付いていくメルマガ。 
(真面目なメルマガと、笑えるメルマガ、半々くらいでお届けします)

【好評いただいている方達】
・自分の優しさを、どうビジネスに活用すればいいのか迷っていた方
・仕事に疲れて、モチベーションが上がりづらくなっていた方
・HSPで、起業している方
・HSPで、起業予定の方
・集客に悩んでいた方
・お客さんとの人間関係に悩んでいた方

メルマガ登録・解除

著者からのメッセージ

【メルマガサンプル】

----------------------------------------------------------
電車で、お年寄りに席を譲ろうとすると隣の人も同時に立ち上がる。
慌てるけど、用意した言葉を止められない。

「どうぞどうぞ」
隣の人も全く同じタイミングで「どうぞどうぞ」と言う。

…もう、軽くダチョウ倶楽部だ。



うまいこと、一人だけ席を譲ろうとした時も、
「私、元気だから大丈夫よ!」と
ものすごい力で肩を掴まれ席に無理矢理座らされた。

こんなに力あるなら、確かに大丈夫だ。

だけど、150センチくらいのおばあさんに
力でやりこめられる180センチの男は
なかなかに恥ずかしい。



職場と家は徒歩圏内で、
電車に乗ることなんて月に1回くらいしかない。

それでも、こういうことが起こる頻度が高い
間の悪さにうんざりする。



だからと言って、席を譲らないという選択肢はない。

そんなことをしようもんなら、
立ってる何倍も疲れる。


多分、何日も席を譲らなかった自分を
責め続ける気がする。


だから、「どうぞどうぞ」と
これからも言い続ける。



仕事だって同じ。


起業したばかりの時、
コンペに参加したことが1度だけあった。

大きい会社のウェブサイトの制作を
10社くらいで争うコンペ。


みんな必死感が伝わってきて、
生活がかかってる感がむき出しだった。


その当時は、僕だって会社を畳むかどうかの
瀬戸際くらいの時期。


だけど、周りの必死感を感じた瞬間に、
どうしても「どうぞどうぞ」という感じになってしまった。


周りからは、
「そんなんじゃやっていけないよ」と言われた。


それ以来、コンペは参加していない。


だけど、それから1年後、
世界有数の商社から電話がかかってきた。


「コンペに参加してくれませんか?」
という電話だった。


え?コンペって、
そっち側から誘ってくるものだっけ?
と驚いた。


光栄なことだったけど、断った。
争うくらいだったら、どうぞどうぞ他の会社さんに
と相変わらず思っていた。



相手から理由を訊かれた。


「決まるかどうかわからないことに
時間を使いたくない。

それより、申し込んでくれるお客さんのために、
時間を使いたい。」

というようなことを伝えた。


それから、数日後、
コンペなしでうちに依頼することになったと
連絡が入った。


なんか、すごいなと思った。


争わなくても、いいじゃないか。
「どうぞどうぞ」が好きな人もいるじゃないか。


だから、12年以上ずっと
そういうスタンスで仕事しています。


争いもなく、
探り合いもなく、
来たい人に来てもらう。


そのために伝えるだけ。


どうぞどうぞで、今日も平和だ。


----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------

「「結婚相手の条件は最低年収600万」
という女の人が多いけど、
年収600万の割合って人口の5%なんだって。

だから、結婚ができない人が増えてて、
年収600万の人はモテるんだって。
俺ら、年収600万超えてて良かったね。」


12年前、起業したばかりの頃
同年代の起業仲間が集う会で
ひとりがそんな話をしてた。


「俺ら、年収600万超えてて良かったね。」
と言われて、さりげなく頷いてみたけど、
僕は全く超えてなかった。


その後も、
「最低でも年収1000万は行ってないと、
起業家として恥ずかしいよね。
独立してるなんて言えないよね。」
と彼の饒舌は止まらなかった。


1000万どころか、600万どころか、
年収200万もいってなかった僕は、
自分がみっともなくて、恥ずかしくなった。


でも、12年前の僕にこう伝えたい。


「年収がいくらであっても、
自分で仕事してたら起業だよ。」

そして、もうひとつ伝えたいことがある。


「変な価値観を押し付けてくる人に、
価値観を揺るがされちゃいけない。」


自由になりたくて起業したなら、
どこまでも自由でいていい。


それなのに、誰かの言葉で
自分を見失っちゃいけない。


憧れているわけでもなく、
幸せにしたい人なわけでもない。

そんな人の言葉に
心動かされてちゃいけない。


「収入が、人の価値を決める」
「知名度が、人の価値を決める」
「会社の規模が、人の価値を決める」

そんな基準に縛られちゃいけない。


そこでしか自分を誇れないなんて、
嫌だから。


収入、知名度、規模なんて付属品で、
そこに本質はないから。



「年収をあげるために働いてます。」
「有名になるために働いてます。」
「会社を大きくするために働いてます。」


今の僕も、あの頃の僕も
そう胸を張って言えない。
そこに働く意味なんて見いだせないから。


「人を幸せにしたくて働いている。」
きっとあの頃からそうだった。


だから、収入が200万以下でも
何にも恥ずかしがることなんてなかった。


自分の想いに常に胸を張っていたい。
胸を張れる意味を、常に持っていたい。


何を基準として生きるか?
何のために働くか?

それで、日々は変わる。
それで、未来は変わっていく。


「人を幸せにしたくて働いている。」
そういう人たちを応援したい。
そういう人たちを全力で幸せにしたい。



今日も幸せにしたい人達と…
人を幸せにしたい人達と
朝から晩までずっと一緒に過ごせる。


そんな日々が、沢山あります。


それは、お金でも知名度でも規模でもなく、
「人を幸せにするために働きたい」
そう願った過去があるから。
そう伝え続けたから。


----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------



未婚だけど、
結婚カウンセラーをやりたいとか・・・。

現役時代に活躍してないけど、
スポーツのコーチをやりたいとか・・・。

メンタル病んだことないけど、
カウンセラーをやりたいとか・・・。


不安になって当たり前だけど、
大丈夫だと思っています。



僕が講座でお伝えしていることは、
「心から伝える」ってこと。


「こうやったら売れる」とか、
「こうやったら人が来る」とか・・・


それよりも大事なのは、
「自分が心動かしながら伝えること」。


相手の立場に立って、
相手の心を感じて、
言葉を伝えていくこと。

それが結局、一番いい集客の方法だと
感じています。


だけど、そういうことをお伝えしていると・・・
「自分の経験不足が不安」という
相談を受けることがあります。


未婚だけど、
結婚カウンセラーをやりたいとか・・・。

現役時代に活躍してないけど、
スポーツのコーチをやりたいとか・・・。

メンタル病んだことないけど、
カウンセラーをやりたいとか・・・。


不安になる気持ちはすごくわかります。

経験してないのに、
自信が持てるのか?
説得力が持てるのか?
ちゃんと伝えられるのか?

不安になって当たり前。


でも、結論から言うと、大丈夫です。


先日、1歳くらいの赤ちゃんを抱っこしている
女性に会いました。


持ち歩き用の扇風機を赤ちゃんに当てて、
自分は汗まみれで歩いてるお母さん。


それを見ただけで、
涙ぐんで顔をそむけました。


もし誰かがそれに気づいてたら、
気持ち悪がられるくらい
顔が歪んでました。笑


「年のせいか、涙もろくて」
という言葉があります。


でも、正確に言うと
「気持ちがわかるようになったから」
だと思うんです。


僕の場合は、子供ができて
抱っこして歩くしんどさが
わかるようになったから。


・・・だけど、それだけじゃない。


自分が身を持って
経験してなくったって、
気持ちがわかる場合があります。


それは、相手のことを心から思いやることができた時。


子供がいなくったって、
思いやることで、
本人よりも気持ちが理解できる場合もあります。


子供がいない助産師さん。
結婚してない保育士さん・・・。


子供ができてから、
そういう人たちに沢山助けてもらいました。

沢山相手のことを
思いやってきた人たちに
沢山助けてもらいました。


未婚だけど、
優秀な結婚カウンセラーもいます。

現役時代に活躍してないけど、
とびきり優秀なスポーツのコーチもいます。


自分はうつ病になったことないけど、
そういう人たちを救ってるカウンセラーもいます。


だから、
「経験しないと、わかんない」
そんなことはないと気付かされました。


どれだけ相手を思いやるか?
どれだけ救いたい相手を知って、
どれだけ必死で考えたか?

結局、そこなんだと思うんです。


どれだけ貴重な経験をしていても、
自分にしか目線が向いてない人。


そんな人よりも、
経験してなくたって、
人を思いやれる人の方が人を幸せにできます。


思いやりさえ持っていれば、
僕らは何だってできる。
何にだってなれる。


心動かしながら、
伝えられて・・・。


その言葉は、
確実に誰かを救っていきます。


優しい人達から、
優しい人たちの言葉から、
つくづくそれを感じています。


---------------------------------------------------------


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

メルマガがちゃんと届くように、ご登録前に、↓をチェックしてください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ドメイン指定受信について

スマートフォンで、迷惑メール対策を行っている場合はメール受信ができません。
「fukamail.com」を受信できるようにご設定下さい。

■ドコモのスマートフォン(SPモードなど)をお使いの方
「受信/拒否設定」>「詳細設定/解除」>「ドメイン・アドレス受信設定」
詳しくはこちらをご確認ください。

■ソフトバンクの“iPhone”をお使いの方
ブラウザの「Safari」を起動>ブックマークから「My SoftBank」を選択
「メール設定(MMS)」>「迷惑メールブロックの設定」>「受信許可・拒否設定」
詳しくはこちらをご確認ください。

■AUの“iPhone”をお使いの方
「迷惑メールフィルター」設定画面にアクセスする。
詳しくはこちらをご確認ください。


迷惑メールについて

迷惑フォルダに振り分けられる場合は、以下の設定をおすすめいたします。
ご利用のアドレス毎に設定が異なりますので、ご利用アドレスを確認して設定してください。


■Yahoo メールをご利用の方

(1)受信拒否リストからの解除
・Yahoo!メール内右上にある「メールオプション」内の
 「受信拒否」をクリック
 ↓
・「一覧から削除」の欄に【haruake@fukamail.com】が入力されて
 おりましたら、これを削除することで受信拒否を解除できます。


(2)なりすましメール拒否
・Yahoo!メール内右上にある「メールオプション」内の
 「なりすましメール拒否」をクリック
 ↓
・「救済リスト」という項目が現れます。
 ↓
・こちらに弊社送信元アドレス【haruake@fukamail.com】を入力して
 いただくことで、受信拒否を解除することが可能です。


■hotmailをご利用の方

(1)hotmailにログイン
(2)ページ右上の「オプション」をクリックし、開いたメニューの最下段にある「その他のオプション」をクリック
(3)迷惑メールの項目の中の「差出人セーフリストと受信拒否リスト」をクリックし、その中の「差出人セーフリスト」をクリック
(4)許可する差出人またはドメインの部分にメルマガの送信アドレスを入力し、「リストに追加」のボタンをクリック
こちらに送信元アドレス【fukamail.com】を追加していただくことで、メールを受信できるようになります。


■gmailをご利用の方

誤って迷惑メールと判定されたメールについては、迷惑メールのマークを解除できます。
該当のメールを選択し、現在のビューの上部と下部に表示される [迷惑メールを解除] ボタンをクリックします。
迷惑メールのマークを解除すると、そのメールは自動的に受信トレイに移動します。

読者の声

メルマガの感想を書く

お名前:画像(任意):
リンク(任意):

メルマガ登録・解除


ドメイン指定受信について

スマートフォンで、迷惑メール対策を行っている場合はメール受信ができません。
「fukamail.com」を受信できるようにご設定下さい。

■ドコモのスマートフォン(SPモードなど)をお使いの方
「受信/拒否設定」>「詳細設定/解除」>「ドメイン・アドレス受信設定」
詳しくはこちらをご確認ください。

■ソフトバンクの“iPhone”をお使いの方
ブラウザの「Safari」を起動>ブックマークから「My SoftBank」を選択
「メール設定(MMS)」>「迷惑メールブロックの設定」>「受信許可・拒否設定」
詳しくはこちらをご確認ください。

■AUの“iPhone”をお使いの方
「迷惑メールフィルター」設定画面にアクセスする。
詳しくはこちらをご確認ください。


迷惑メールについて

迷惑フォルダに振り分けられる場合は、以下の設定をおすすめいたします。
ご利用のアドレス毎に設定が異なりますので、ご利用アドレスを確認して設定してください。

■Yahoo メールをご利用の方

(1)受信拒否リストからの解除
・Yahoo!メール内右上にある「メールオプション」内の
 「受信拒否」をクリック
 ↓
・「一覧から削除」の欄に【haruake@fukamail.com】が入力されて
 おりましたら、これを削除することで受信拒否を解除できます。


(2)なりすましメール拒否
・Yahoo!メール内右上にある「メールオプション」内の
 「なりすましメール拒否」をクリック
 ↓
・「救済リスト」という項目が現れます。
 ↓
・こちらに弊社送信元アドレス【haruake@fukamail.com】を入力して
 いただくことで、受信拒否を解除することが可能です。


■hotmailをご利用の方

(1)hotmailにログイン
(2)ページ右上の「オプション」をクリックし、開いたメニューの最下段にある「その他のオプション」をクリック
(3)迷惑メールの項目の中の「差出人セーフリストと受信拒否リスト」をクリックし、その中の「差出人セーフリスト」をクリック
(4)許可する差出人またはドメインの部分にメルマガの送信アドレスを入力し、「リストに追加」のボタンをクリック
こちらに送信元アドレス【fukamail.com】を追加していただくことで、メールを受信できるようになります。

■gmailをご利用の方

誤って迷惑メールと判定されたメールについては、迷惑メールのマークを解除できます。
該当のメールを選択し、現在のビューの上部と下部に表示される [迷惑メールを解除] ボタンをクリックします。
迷惑メールのマークを解除すると、そのメールは自動的に受信トレイに移動します。
詳しくはこちらをご確認ください。